コースへのご参加が既にお決まりの方はこちらをクリック 申し込みフォームへ進めます


7doorsLOGO 7and8

画像の説明


2015年11月6日(金)よりラハシャ博士の7つのチャクラコース『ワンネス意識への7つのドア』コースが東京品川にて開催されます。
世界中で大好評のこのコース2つを日本にて連続開催いたします。
最後の第7チャクラとご要望にお応えし第8チャクラのドア・マジェンタの光のコースも開催されます。
11月6日より3日間づつの合計6日間の日程で行われます。

2つのコースはひとつの流れの中でプロセスが起こるように構成されて行われますが、
お忙しい方でもご参加いただけるように3日間ずつの2コースになっており、どちらか1つのみのコースにご参加いただくことも可能です。

人生において苦しみや悲しみ、葛藤などが起こり、その感情をありのままに体験することができないままでいると各チャクラにその感情が溜まりチャクラを花開かせることができません。
このコースでは、あなたの人生で起こった様々な出来事・感情を『ドア』にしてその裏にある真実に気づき各チャクラを美しく花開かせていきます。
各チャクラコースの最終日には、それぞれのチャクラに対応した色の光のイニシエーションがラハシャ博士を通して行われます。
今回のコースではヴァイオレットレイ(光)・マジェンタレイ(光)を受け取ります。
人生のあらゆる出来事をドアに、強力な光を受け取り『ワンネス意識』へと目覚めていきます。

このコースは資格認定コースです。
このトレーニングを受けることで自分自身が成長し目覚めることが出来るだけでなく、人々が人生においてどのような成長をしたいのであったとしても、全てのあらゆる領域において拡大していきワンネス意識へと還っていく道を発見する手助けをすることができるようになります。

画像の説明

・11月6日(金)~8日(日)
『第7チャクラのドア』ヴァイオレットのドアコース
ヴァイオレットの光を受け取る

画像の説明

・11月9日(月)~11日(水) 
『第8チャクラのドア』 マジェンタのドアコース 
マジェンタの光を受け取る 




ラハシャ博士から日本の皆様へのメッセージ



愛する日本の友人たちへ

IMG_20141029_072232.jpg縮小1.jpg)&show(auto_poEkfR.jpg,画像の説明

いよいよこの秋に行われる『ワンネス意識の7つのドア』のコースで最後のチャクラのドアのコースを迎えます
ワンネス意識への7つのドアコースの内、最後の2つのコース、第7チャクラのドアコース、そして多くの皆さんにとってまだ未知数のチャクラでもある第8チャクラのドアコースを開催します。
日本の皆さんと8つのドアをめぐるこの素晴らしい旅を全う出来ることをとてもうれしく思います。


第7チャクラ、第8チャクラのこの2つのドアは『超意識、集合的な超意識』とつながっています。
第7チャクラのドア・ヴァイオレットの光は、頭頂部とつながっておりワンネスの光です。
私たち自身とのワンネスであり、存在そのものとのワンネスです。
存在する全ては意識であり、形のないものであり、無限であり、どのような形でも与える事ができ、逆に形あるものを無へと返していきます。
全ての分離、2元性が消え去り、見るものと見られるものが一つであるとして認識され、陰と陽が一つとして出会う、そのような状態です。
この神秘を悟った全てのマスター達や聖なる存在に祝福されている聖なるチャンネルです。

ここのエネルギーが捻じ曲げられ、ドアが閉じると、私達は2元性を体験し、分離し別々な存在であるように感じます。
鬱になり、孤立し、自己中心的であり続けます。
この3日間の中で私達は人という形で現れている『意識の神秘』の中へ深く入り込み、永遠なるものをかいま見ることになります。



第8チャクラはマジェンタの光(とても神秘的な現象です)を生み出します。第7チャクラのバイオレットの光と第1チャクラの赤い光が第8チャクラで出会います。これは最初と最後が出会う事を象徴しており、ワンネスの完成です。

『第8チャクラ』の事を聞いたことが無い方も多いかもしれませんが、第8チャクラのドアが開かれることで神の愛、時間を超えた慈悲、日々の生活におけるスピリチュアリティ、運命と恩寵などとつながっていきます。
ボディとマインドを超えた神秘、集合的な超意識、神聖な存在達や神々への領域へと私達を連れて行ってくれます。
それは魂が望んでいる本当の自分(ブループリント魂の青写真)を取り戻し、一人一人が持つ聖なる使命や役目を思い出し、本当の自分をこの世で生きる事になります。
そして人生のこまごまとした小さな日常の事柄に愛をもたらすという事ができなくなっている分離した意識から、「愛」からすべてを観ることの単純さの中に戻してくれます。
そこにあるものすべてをただ愛する事へと戻していってくれます。
各チャクラに対してエネルギーを与えているハラ(腹)という未知のみなもと、このハラ(腹)の神秘を私達に見せてくれます。

この3日間のコースの中で、私達は全てのものの神的(神聖)なみなもとへと再び繋がり、神聖な存在・神の無条件の愛へと開いて行きます。
そしてスピリチュアルな神秘をハラというセンターを通して大地にグラウンディングして(しっかりと足をつけて)体現していけるように私達自身に許していきます。
意識のこの神秘な領域へと皆さんを迎え入れ、8つのチャクラのドアを通した体験の輪を全うする事ができる事を私は心から楽しみにしています。

このような深さを持って意識的に共に探求していくというのは本当にとても貴重な時間です。
分離から生じるあらゆる二元性が溶け去り、集合的な超意識へ、神秘へ、神々の意識へと開いていくこの旅を共にしてくださることを願っています。


たくさんの愛と祝福を込めて
ラハシャ






ワンネス意識への7つのドア


新・落ち込む男性画像

人生とは そこにあるものすべてを生きることにあります。
たとえ受け入れたくないと感じる苦しみや痛みの状況に私たちがあろうとも、まさにそこにこそ私たちはその感情の中に『居続ける』必要があるのです。
その感情を体験し尽くすことで私たちは意識の学びと成長をすることが出来るのです。

しかし私たち人間は苦しみや悲しみなどのあらゆる感情の中に居続ける事を学んだことがありません。

現実を変えようとする私たちの執着と、あるがままの現実に対して内側で良いの悪いのと議論し続けるという事が私たちを分断し、分離させ、葛藤を生み出します。

内側で葛藤しもがき苦しむ中で私たちはエネルギーを失います。
そして外側の世界はそれを写しだし葛藤に満ちたものとなります。

変化は変化させようと私たちが試みるから起きるのではなく、内側にある全ての葛藤が溶けていくことを許すことを通して起きるのです。

人生におけるあらゆる体験はドアなのです。
私たちの苦しみ、痛み そして 私たちの最も幸せな瞬間さえもがその感情を体験するためのドアなのです。
私たちは苦しみや痛み、葛藤がやってきた時にドアを固く閉ざしてしまいその感情を体験することができません。

『ワンネスへの7つのドア』というコースでは、人生のあらゆる出来事を体験するためのドアをどのようにしたら開き続けていくかということに関する深い理解を提供してくれるものです。

虹の光

意識そのものは一つであり、内側から私たちという存在の全てに対しその光を当て続けています。
ですがそれが人生の中で形をとってあらわれる時、 その光はあたかも虹のように様々な波動と色に分割されていくように見えます。

虹の一つ一つの色を通して、私たちは内側の光を思い出すことが出来ます。
人生の中の一つ一つの体験を通して、 私たちはその背後にワンネス意識が存在することを認識することができるのです。
そして平和と愛と理由のない喜びへと開いていくことができるのです。

恩寵がこの事を私たちにもたらしてくれます。
個人的努力はドア(入口)まで私たちを連れて行ってくれるに過ぎません。

一連の7つのコースの中では、7つのチャクラ一つ一つ、言いかえるとサイキックボディーにおける各エネルギーセンター、そしてさらに肉体を超えたところにある第8のチャクラ、これら各チャクラに関連した複雑なパーソナリティー上の問題を、体験し、受けいれ、理解して行きます。
そうすることによって、私たちはワンネスの意識に至る主な入口に対して光を当てていくことになります。

深い探求、瞑想、そしてコース終了後に行われるワンネスメディテーション、これらを通して、内側にあるあらゆる葛藤のストレスを解放し、新しいビジョンと共に現実の中にしっかり足をつけて目覚めた人生を生きていくことへと自分自身を開いて行きます。

各コースの中で異なった意識の光(波動)を探求して行きます。
私たちという存在の全ての色(波動)(赤、オレンジ、黄、緑、青、ロイヤルブルー(青紫)、紫、
そして今回みなさんのご希望に応え、第8のチャクラ・マジェンタ(赤紫))を取り扱っていきます。
全部合わせて8つのコースが行われます。






~各コース紹介~

【第7チャクラのドア】

パープル縮小1.jpg

第7チャクラは他のどのチャクラにもましてワンネスのチャクラです。
このチャクラが花開いていくと、あらゆる存在と自分が一つであり、自分自身が光であり、宇宙そのものであるという事を体験します。
全ての二元性が消え一つとなりワンネスとなります。
陽と陰が一つとなり出会います。
逆にこのチャクラのエネルギーが歪められドアが閉じられるとあらゆる存在、宇宙全体や神との繋がりが切れ、分離を感じ、抑うつ状態となり、孤立し、自己中心的となり、二元性を体験します。
コースの中では他のチャクラのコース以上にたくさんの瞑想を行います。
その中で自分自身に気づき、愛と意識の光を第7チャクラのチャレンジとギフトへ当てていきます。そしてより高次の意識、ワンネスの状態、自分自身や宇宙と一つとなり、最も深いレベルでの癒しもたらしていきます。


【第8チャクラのドア】コース

マジェンタ縮小1.jpg

第8チャクラはマジェンタの光を生み出します。第7チャクラのバイオレットの光と第1チャクラの赤い光が第8チャクラで出会います。これは最初と最後が出会う事を象徴しており、ワンネスの完成です。

マジェンタの光の波動と雰囲気の中で全ての2元性と分離はそのもともとの状態、ワンネスへと戻っていきます。私達に影響を与え、思考や感情を通し苦しみを作り出しているものの全ては、ちょうど光の中で暗闇が消えて行くのと同じように、広大で完全な気づきの中へと自然に解消されていきます。

第8チャクラとマジェンタの光は言葉や概念を超えて存在の全体へと私達の本性へと私達を戻していってくれます。
あなた自身の本性である光の中で過去の条件づけや一体化は解消され、健康で喜びにあふれ自由で解放された人生の流れの中へと戻っていく事ができます。
毎日の生活の中で神聖な神の愛、慈悲そのものを生きることになります。
このマジェンタの光は私たちひとりひとりが持つ「魂の青写真」「アカーシック レコード」である聖なる使命の理由を開示し、私たちの使命を実現します。神そのものである私たちが肉体を持ってこの地上という『天国の生』を体験することを可能にします。

次のようなものがトピックとなります。
神的な愛 時間を超えた慈悲、深み、日々の生活におけるスピリチュアリティやワンネス、全てのものが生じてくると同時に含まれているようなソース(みなもと)、 統合、神聖なスペース、永遠、ボディやマインドを超えたもの、寺院、香り、物質より香りに近い何か、ソールスター、運命、恩寵などなど




去年の秋開催された『ワンネス意識への7つのドア』第2チャクラのドアコース、第5チャクラのドアコースの映像です。

第2チャクラのドア初日より



第5チャクラのドア初日より




資格認定と講師育成プログラムについて

ゴールドチャクラ画像

『ワンネス意識への7つのドア』コースは資格認定コースです。
このコースは2年をかけて7(または8)チャクラコースを行っていきます。

今回行われる『第7チャクラのドア』コース、『第8チャクラのドア』コースを終了した方には第7チャクラ、第8チャクラのドアコースのカリキュラムを終了した事を表す認定証が発行されます。

全てのチャクラに対応したコースが終了した後、最後に行われる講師育成プログラムへご参加をいただくためにはこの認定証を含め全てのチャクラコースの認定証をお持ちである必要があります。

講師育成プログラムを終了することで、あらゆる職業のかたのお仕事や生き方の中にその知識や技術を応用し取り入れて行くことが可能となり、人々を痛みや苦しみから解放する為の専門的な手助けができるようになります。

なお特別な事情で全チャクラコースにご参加いただけなかった場合でも、補習講座をお受けいただければ講師育成プログラムへご参加いたくことも可能です。
補習講座の詳細につきましてはお問い合わせください。




講師育成プログラムについてラハシャ博士が語っています






光りの存在となったヌラさん

ヌラ縮小1 10365978_10152044715266816_3214665876194894899_n.jpg

2014年の4月コースではラハシャ博士と共に奥様ヌラさんにもコースを誘導していただきました。
「ワンネス意識への7つのドア』全8コースはご夫妻お二人で誘導していただく予定になっていましたが・・・
しかし2014年5月18日にヌラさんは肉体を離れ光の存在となりました。

ヌラさんは優しさのなかにいつも凛とした強さを持ち備えた方でした。
時にすべてを見通してしまうような鋭くクリアーな目で彼女に見つめられると、もう自分に嘘はつけなくなってしまうと多くの人が言っています。
葛藤する人々を優しく、またあるときは愛ある厳しさと強さで内側の旅へと誘導する存在でした。
ヌラさんならではの視点とやわらかさと強さで多くの方のプロセスが進みました。

『ヌラ』とは『光』という意味です。
「次回のコースからも必ず皆さんと一緒に過ごします♡」と笑顔で話されていたヌラさん。
ヌラさんが光に還ってから行われた11月コースでもラハシャ博士みずからヌラさんの席を用意し、彼女の存在を参加者の皆様にも深く感じてもらう特別な時間を取っていきました。
そのプロセスはヌラさんや肉体を持たない光の存在はいつも私たちを助けそばにいてくれることを体感するディープな時間となりました。

ヌラさんに会ったことが無い方でもヌラさんをとても身近に感じたり、すでに肉体を去った大切な愛する存在からメッセージや体験が届いたり・・・
寂しさや分離感は真実では無く、その裏にある素晴らしい側面を皆様それぞれに体験なさり、大変喜んでおられました。
ヌラさんを通して光の存在が届けてくれる多くの恩寵の光に感謝です。

この『ワンネス意識への7つのドア』コースは世界中で開催されているコースです。
しかし日本では2014年春まで開催されたことがなかったため、ヌラさんとラハシャ博士はこの日本でもこの素晴らしいコースが開催されることを大変喜んでおられました。
このコースは長い時間をかけてお二人が大切に大切に創り上げたコースなのだそうです。
マインドの仕組みをよく理解し、内側への旅に慣れている方であっても、更なる内側からの理解を超えた理解や体験が起こりやすいようにプロセスを考え、話し合い、紡いできたコースなのだそうです。

いつも光を送り続けてくれるヌラさん。
ヌラさんの存在がこのコースを通しても感じられることでしょう。


ヌラさんをご存じない方のために、2014年4月コースでのヌラさんのビデオをこちらに添付いたします。
よろしければご覧下さい。








ラハシャのプロフィール

ラハシャ

ラハシャ・フリッチョフ・クラフト博士
スイス生まれのドイツ人。
現在オーストラリア在住。

ドイツで医学を修め、医師として8年間内科医として働きました。
学生の頃から多く旅し、精神的探求者として多くの伝統的な文化にも接しました。
トルコではスーフィー、ネパールではチベット仏教、そしてインドではチベットとヒンドゥの伝統も学んでいます。
そしてよりホリスティックな観点からヒーリングの研究をするため、
フランス、アメリカ、インド等で東洋医学やカウンセリング、プライマルセラピー、エンカウンター、ブレス、エイクソニアンヒプノシス、タントラ、メタフィジカルリーディング、オーラソーマ、エナジーワークやセラピー
などを学び、世界中の様々な瞑想についても研究を深めました。

1980年インドのプーナでOSHO(和尚)という精神的なマスターに出会い、サニヤシンとなり瞑想を始めます。
そしてアジアでも滞在し瞑想の学びを深めました。

そしてドイツに帰国すると同時にマインハードで診療所を開業。
そこでは患者のヒーリングを助けるため、針やヒプノシス、ブレスセラピーなどの彼が学んだ多くのヒーリングの方法を取り入れました。

さらに、自分のグループやトレーニングを指導するため1985年診療所を閉鎖。
自身のグループを指導する為世界中を回り始めました。

彼の30年以上にわたる叡知は、彼のパートナーでもあるヌラさんとともに様々なコースを通して惜しみなく世界中の人々に分かち合われていました。

日本では長年にわたり『ハートからのカウンセリング』コースの講師を務め、このコースは全国で行われ、多くの方が受講されています。
昨年和尚アートユニティ様主催での1年半にわたる『ハートからのカウンセリングスキル』ティーチャーコースを誘導。
多くのティーチャーが誕生しました。



2005年3月、インド・ワンネスユニバーシティより招待され、宇宙の源より届けられる聖なるエネルギーを伝達できるブレッシング(ディクシャ)のイニシエートを授かります。
ラハシャ博士の叡知に目覚めのエネルギー『ブレッシング』が加わりました。

ラハシャ夫妻は、葛藤し苦悩する世界中の人々の為に様々な叡知が融合された『オリジナルコース』もスタートさせました。

2009年に行われたワンネスユニバーシティのトレーナーコースにラハシャ博士も彼のパートナーであるヌラさんと共に初代トレーナー研修に招待され研修を終了します。
愛と光と洞察をラハシャ博士は世界中の人々とわかち合っています。

また2012年、インド・ワンネスユニバーシティより数少ないワンネスメディテーターとしても選ばれ、世界中の人々と共に「ワンネスメディテーション」もご夫妻で分かち合われてきました。
多くの気づきと目覚めが世界中で起こりました。

しかし、2014年4月に日本にて最愛の妻ヌラさんが病気のため倒れ、5月18日肉体を離れ光の存在となりました。
この体験はラハシャ博士の生き方そのものに大きな影響を与えています。

『日常の平凡な事と聖なる事の間には分離は何もなく、人間と神との間にも分離は何もない。
特別な事も超越的なものもない。
ただただこの瞬間が完全さの中にあり、何かになるという事もなく、特別な体験に対する欲求もない。

奇跡は今この瞬間、人生の中にある。』  ラハシャ


人生というものが彼に教えたものを世界中の方々と分かち合うため、光の存在となったヌラさんの存在と共に世界中を旅しています。






過去にラハシャ博士のコースに参加された方々の声です

(Yさん)
自分の勝手で離婚してしまったことで子供に大きなトラウマを与えてしまったと感じていました。
母として何をこの先してあげたらいいのか悩んでいましたが、ラハシャ博士から「無条件に愛する」ということを体験させていただき、感動して涙が止まりませんでした。
子供は私の大切な宝物です。
これからも無条件の愛の光で包んであげたいと思います。                           


(Mさん)
今まで長い間、持病で入退院を繰り返していて肉体的にも精神的にもとてもハードで苦しんでいました。
ドクターからも完治することはないと言われ、薬は増えるばかりで、体調がはどんどん悪くなり家族にも迷惑をかけますし、自分の今の状態にイライラしていました。
しかしコースに参加できたことで、私は今まで自分の肉体をことごとく酷使し続けてきていて大切に愛情を注いでいないことに気づきました。
病気になって当然だったのです。
さらに両親から愛されていないと思い込んでいた私は、病気になることで彼らの注意を引こうとしていたのでした。
コースの中で自分自身を愛することを教えていただき、トラウマが消えたことで病状が安定しました。
これからも自分自身に愛情を注いで行きたいと思います。
                     


(Sさん)
今までラハシャ先生のコースに2度参加させていただきました。
コースに参加する前の苦しみに満ちてうまくいかないことばかりだった私の
人生が先生にお会いできたことで180度変容しました。
家族や友人、特にパートナーとの人間関係がとても良くなり毎日本当に幸せに過ごしています。
捉え方が変わることで、あんなに喧嘩ばかりしていた同じ相手を別人のように愛せること自体本当に不思議です。
これからもどのように自分が変容していくのかが本当に楽しみです。
心から感謝しています。
                      


(Tさん)
私はカウンセラーをしていますが、最近自分のスキルでは患者さんをこれ以上サポートできず自分の力の限界を感じていました。
またスタッフともいろいろな問題が浮上して、人間関係にも疲れていました。
コースに参加し深く自分を見つめる時間を取る事で、人のせいばかりにして問題の根源を見ていなかったことに気づきました。
「瞑想をする」というと難しく思っていましたが、先生に毎日誘導していただくことですんなり入れました。
「自分」を信頼するパワーもフル充電していただきました!
                       


(Dさん)
すごく良かったです!!
この5日間のコースに参加できて本当に本当に良かった。
ハートの深いスペースに入ることができて、家に帰った後も静けさを感じ続けています。
こんなこと初めてです。
沢山行われるサットサングも本当に素晴らしくて、すごく引き込まれました。
次から次へとラハシャのコースに参加したくなりました。
どんどん自分が解放されていくのだなあと思いました。
すごくすごく良かったです。ありがとうございます。
                        


(K・Sさん)
完全に完ぺきに悟っている存在とは、本当にこんなにも周りに絶大な影響を与えるのだと驚きました。
この5日間は魔法にかかったように、ありがた過ぎる時間でした。
感謝しかありません。    
                        


(Nさん)
私の疑問をこんなにも全て私の腑に落ちるように教えてくれた人はラハシャが初めてです。
質問ばかりしたがっていた私のマインドが静まって空になっています。
びっくりしました。
                        






ラハシャをもっと知っていただくために

ラハシャ博士のコース動画


2012年、春の『ハートの開花』コースのビデオをご紹介いたします。

このビデオは一人の方がワンネスメディテーションの中でアーナンダマンダラをした後に起こったご自分の感情や身体の状態をシェアしてくださったときのものです。

人が誰でもが行なっている『生き残りの戦術』、『エゴの層』のことや『体験することの大切さ』などをラハシャが話しをしてくれています。
皆様にとっても参考になりますのでご紹介させていただきます。

YouTube 動画





続いてのビデオは、
『目覚め』『愛について』話をされています。




2011年、秋の『ハートの開花』コースのビデオをご紹介いたします。
少々音声が悪いですがご了承ください。

YouTube 動画


ラハシャ博士の書籍です。
翻訳されています。
ラハシャ著『ハートからのカウンセリング』



画像の説明



【2つのコースの日時】
・『第7チャクラのドア』コース
2015年 11月6日(金)~8日(日)
10時~18時頃 初日のみ11時~18時頃
(時間は変更になる場合があります。 ご了承ください。)

・『第8チャクラのドア』コース 
2015年 11月9日(月)~11日(水)
10時~18時頃 初日のみ11時~18時頃
(時間は変更になる場合があります。 ご了承ください。)

【会場】 品川の会場を予定しています。
詳しい会場はお申し込み後にお知らせしています。

【講師】 ラハシャ・フリッチョフ・クラフト博士

【参加費】
・【第7チャクラのドア】コース
・【第8チャクラのドア】コース
各コース共に9万9千円ですが
2つのコースを両方セットでお申込みいただきますと19万8千円のところ
①セット割引価格18万8千円にてコースにご参加いただけます。

さらにまたどなたかをお誘い頂いてご一緒にご参加なさる場合は②グループ割引も設けさせていただきました。
ぜひ大切なご友人、ご家族をお誘いいただきコースにご参加下さい

グループでご参加の場合、参加費は以下のようになります。
お一人でご参加の場合の参加費もあわせて表にしておりますので、あわせてご確認ください。

六日間ご参加の場合三日間だけご参加の場合
一人で参加の場合   18万8千円9万9千円
二人で参加の場合   17万8千円9万4千円
三人以上で参加の場合 16万8千円8万9千円

申し訳ございませんが、グループでご参加の場合もひとまずお一人で参加する際の参加費をお支払いくださいますようお願い申し上げます。その後コース終了後にグループでご参加したことが確定した後にこちらからご返金差し上げることになっています。誠に申し訳ありませんがご了承くださいませ。

また①セット割引②グループ割引以外にも過去にラハシャヌラジャパンで主催するコースにご参加いただきました皆様方にはリピーター割引がございます。別途メールを差し上げておりますがラハシャヌラジャパンのコースにご参加いただいたことのある方でこちらよりリピーター割引のご案内メールが届かない方は恐れ入りますがお知らせください

*参加費にはコース代・通訳料・終了証・飲み物・お菓子代・消費税などが含まれます
*分割払いやボーナス払いもご利用いただけます。 
詳しくは下にありますクレジットカート払いの所をお読みください。

*振り込みをもちまして申し込み受け付けを完了とさせていただきます。




 

グループ割引をご希望の場合はこちらをお読みください。

グループでお申し込みの場合お申し込みフォームにご一緒にご参加くださるご友人名、ご家族名を必ずご申告して頂く必要がございます。お申し込みフォームにご一緒に参加なさる方のお名前が書かれていない場合はお一人様での参加となってしまい、グループでの参加とはなりませんので、誠に申し訳ありませんが、必ずお申し込みフォームにご友人名、ご家族名をお書き下さいますようお願い申し上げます。

なお、お先に1名様でお申込みいただきました場合でも、後ほどご友人様をお誘い頂けた場合はグループでのご参加となります。
ですがこの場合ご友人様の方に必ずお申し込みフォームにご一緒に参加する友人名としてあなた様のお名前を書いていただくようお頼みくださいませ。誠に申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。

グループの人数が2人から3人に増える場合もこれに準じた措置となります。人数が増える場合は後からご参加の方は必ずご一緒にご参加なさるご友人名、ご家族名をお書きくださるようよろしくお願い申し上げます。

締め切りはございません。 引き続きご友人、ご家族様をお誘いいただけましたら、幸いです。

グループ割引をご希望の場合、6日間にご参加の場合は6日間、3日間コースご希望の場合は3日間全てにご参加なさる必要がございます。部分参加はできませんのでご了承ください。

参加費をお支払いの際はどなた様もひとまずお一人様用の参加費をお支払いくださいませ。

その後コース終了後に、お二人以上でご参加くださったことが確認できましたらお一人様で参加する際の参加費との差額をこちらからお返しいたします。

銀行振り込みでお支払いの方へはご指定の口座にこちらから振り込ませて頂きます。クレジットカードでお支払いの場合はカードにご返金いたします。
銀行振り込みの方はご指定の銀行口座番号をこちら宛てのメールにお書きください。

また、お二人以上でご参加くださることが確定しておられる場合も、同じような対応をすることになりますので、誠に申し訳ありませんが、ひとまず一人分の参加費のお支払いをお願い申し上げます。

コースのお席は限られております。お席を確保なさりたい方はお早目にお支払いください。




コース前日までグループ割引の申し込みは継続して受け付けております。
あなた様がコースのお申し込みをされた後でも、あなた様のご紹介があればコース前日までグループ割引価格でご友人と共にあなた様もコースに更にお安くご参加いただくことが可能です。

お友達がお申し込みの際、ご一緒に参加する人としてあなた様のお名前を書いて頂くようお願いして下さればご友人と共にあなた様もグループ割引が適用になりさらに参加費がお安くなります。
差額は後日返金いたします。

お申し込み後にも引き続きご一緒に参加なさりたい方に声をおかけくださいませ。




お申し込みとお振込までのご案内

お申し込み

お申し込みいただくには『申し込みフォーム』の必要事項をお書きいただき送信してください。
『申し込みフォーム』の画面は下記にある お申し込みはこちらというところをクリックしていただくと出てきます。

次の画面に行きましたら、申し込みフォームをすべて書き終え、一番下にある『内容確認画面へ』というボタンをクリックして書き込みに間違いがないか確認をしてください。
その後『送信』ボタンをクリックし、『申し込みフォーム』を送信してください。

この通信は暗号化されて送られますので、個人情報は第3者に漏れることはありません。ご安心ください。


下記をクリックしてください。

こちらです ↓

ラハシャ博士の『ワンネス意識への7つのドア』コース申し込み

注意:こちらはパソコン・アイフォン・スマホ・タブレット専用のお申し込みフォームです。



お支払いについて

『お申し込みフォーム』が送信されますと、次にお支払いのご案内の画面が出てきます。
お支払いは、クレジット決済と銀行振り込みのどちらかをお選びいただけます。

注意:恐れ入りますが携帯からお申し込みの方は銀行振り込みしか選べません。クレジット決済をご希望の方はパソコンからお申し込みください。

1 クレジットカード決済によるお支払い

ペイパルによるクレジットカード決済をご利用いただくことができます。

クレジットカードをお持ちであれば、銀行へ行く必要もなく、安全な方法であなたのお席が簡単に確保できます。
指示に従い進むだけで簡単で安全な決済が可能です。

Paypalアカウントをお持ちでないお客様も、何のご登録もせずに、クレジットカードによる決済をご利用頂けます。

Paypalは、190の国と地域で利用でき、21通貨に対応しており、その確かな安全性により、世界中で広く親しまれています。
世界最大規模の海外オークションサイトeBayで利用できるオンライン決済サービスとして信頼を得ているとともに、国内外の数多くのオンラインショップでも利用されています。

クレジットカード決済をご希望の方はお申込みなされた後に出てきます画面の中で『今すぐ支払う』ボタンをクリックしてお進みください。

分割払いやボーナス払いでのお支払いをご希望の方はお持ちのクレジットカードの会社へご登録、ご申請いただくだけで簡単にご利用いただくことができます。

クレジット決済完了後、ご契約のクレジットカード会社様へご連絡ください。

分割の方法や詳細につきましては、ご契約のクレジット会社様へご確認下さいますようお願い致します。

なお、クレジットカード番号はSSL通信にて暗号化されて送られますので他人に読みとられることはありません。 またラハシャヌラジャパンに送られることもありませんので、ご安心ください。

2 銀行振り込みによるお支払い

銀行振り込みでの送金をご希望の方は、
お申し込フォームをお送りいただいた後に出てくる画面に銀行の振込先の案内がでてきます。
そちらをご覧になり、コース代の全額を指定の銀行口座へお振り込みをお願い致します。

 
また何らかの事情によりコース代がすぐに用意できないという方はご相談ください。
詳しくは萱野(カヤノ)までお気軽にお尋ねください。



~キャンセル料について~

11月1日以降のキャンセルにつきましては、誠に恐れ入りますが、特別の事情がある場合を除き、予約金相当額(3日間のコース参加で1万5千円、6日間のコース参加で3万円)の手数料が生じます。誠に申し訳ありませんが、ご了承くださいませ。

またコース開催当日以降のキャンセルにつきましては、特別の事情がある場合を除き、参加費全額をキャンセル料とさせていただきますのでご了承くださいませ。
キャンセルの際は事前にご連絡をお願いいたします。

キャンセルの場合手数料を含めて全額次回のコースに参加費を振り変えることができます。
詳しくはお尋ねくださいませ。



ご質問・お問い合わせ

ご質問・お問い合わせがございましたらどうぞご遠慮なく下記のお問い合わせボタンを押してお尋ねください。
ボタンを押されますと、ご質問・お問い合わせフォームが現れます。
その後、ご質問・お問い合わせ内容をメッセージ欄にご記入いただき、送信してください。

お問い合わせフォームはこちら



*****************************************

お問い合わせは上のお問い合わせフォームにお願いします。
ラハシャヌラジャパン


a:987 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM